スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイムリッヒ法とは

ハイムリッヒ法とは、上腹部と胸を圧迫して、のどに詰まったものを吐き出させるやり方。
激しいせきをすると、気道に詰まっていたものが出てくるので
激しくせきこんでいる時は、そのまませきを続けさせる。
正常に話ができても、しばらく激しくせきこむことがある。
のどが詰まっていてせきができない時に、ハイムリッヒ法を手がける。
窒息を和らげるする手技は、しばしば生命を救います。大人の窒息は、大きな肉の塊など、食べものをのどに詰まらせることが最も多くなっています。嚥下反射機能が十分に生育していない赤ちゃんは、ピーナッツや飴など小さな丸い食べものでものどを詰まらせることがあります。よちよち歩きの年代の子供は、おもちゃやコインなど食べられないものをに入れて詰まらせることがあります。

窒息の初めの症状はせきこむことですが、激しくせきこむと助けを呼べない時があります。のどの付近を左右の手でかきむしるような動作をしていることもあります。呼吸やしゃべる力が徐々に弱くなり、止まることがあります。甲高い音やいびきのような音を出していることもあります。顔が蒼白になったり、けいれん発作を起こしたり、意識がなくなることもあります。

子どもの応急処置マニュアル

覚えよう応急手当

応急手当の勉強会
スポンサーサイト
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。